hair blue blog
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
阿部の不在
ゴールデンウィークから調子を壊している阿部が、ついに入院する。検査入院から徐々に体調を壊していた。夏休みに入院して、手術をすると言っていたが、即入院になってしまった。阿部のお客様は、僕が担当しますので、しばらくヨロシクお願いします。ただカオリに手伝ってもらっての営業なので、予約が非常に取りずらくなっています。あい、すいません。自分の経験で思うのだが、どんな激しい雨も、いつか晴れるもの。物事は必ずいい方向に向かうのが常です。やや時間はかかっても。come rain or come saine 降っても晴れても 古いjazzのスタンダードなんだけれど 今、こればっかり聴いている。降っても晴れても歩いていこう。気楽にやり過ごそう。風はぼくらの側に吹く・・きっと。
- comments(0) trackbacks(0)
aromatherapy caori
アロマテラピー かおりが3年ぶりに復活しました。売りはオールハンドのマッサージ 男の方は、できませんが 全ての女の人に対応します。ぜひ、アロマ マッサージを体験してください。 ブルーの二階です。 入口も同じです。

この階段を上れば至福のとき・・・いざ!
- comments(0) trackbacks(0)
ポールを観て、聴いて思ったこと
ポールを観に行く前に、改めてポールの曲を聴けば聴くほど、(特にビートルズ解散後の曲)本当に良い人なんだろうなと思う。この人の書く曲には、ねたみ、嫉妬、挫折、死への甘い誘惑はほとんど感じられない。ビートルズ時代には、この分野はジョン・レノンがほとんど請け負った。もちろんポールにも、挫折やネガティブな部分もあるのだろうが、曲から感じとるのは、稀である。かなりのプラス思考に違いない。だからなのか、ポールはロックというよりポピュラーソングライターを感じるし、ジョン・レノンには孤高なロッカーをイメージする。ジョンの死に方にも、そのイメージを強くしているみたい。・・・見せかけの暴力性や応援ロックソングにはもううんざりだ。今はロックポピュラーが心に響く。特にビートルズ後期のポールの作品はみんなで合唱できて、一つになれるからいいな。みんな知ってるしね。(ロンドンオリンピックでみんな歌ってたでしょ)ヘイジュ―ド、レット・イット・ビーなんて10代、20代、30代中頃までビートルズの曲の中では、さけてきた。ロックに聞こえなかったから。でも今は不思議と時代に合っている。ロックでもポピュラーソングでも関係ない。不変な力がある。
                                                        
 
 
続きを読む >>
- comments(0) trackbacks(0)
2015年の改装
待ち合いの壁に木を打って、いろんな額を付けて、好きな写真の切り抜きや絵を飾るんだ。
きっといいぜ。2Fのアロマcaoriも再オープンするので、1Fから2Fに向かう階段も改装だ。
アンティークのペンダントライトを灯して、壁をウッドでコラージュ。ドアの色も変えよう。楽しいな。

これは、骨董屋のお客様Cさんにもらった絵、ダリ風のリトグラフ。エディションナンバーとサインも書かれているが読めない。
店に合うと思うよ、あげるから事務所に取りにおいでと言われて行く。正直、初めて見た時はお店には、シュール・レアリズムはと思ったがお店に置くと
これが結構いい。さすがCさんだ!かざります。
- comments(0) trackbacks(0)
シザーケース変えました。
肩から提げるポーチ型が、ずーと、ほしかったのだが、なかなか良い物に出会えなかったのだが、先日観たオークションで古いフランスの地下鉄のバッグを手に入れた。シザー用では、ないので、やや大きい、ノベルティでもらった、シザーケースを中に入れて使っている。つまりダブルシザーケースなので、これは重い。時々肩からはずす。当たり前といえば、当たり前だが、地下鉄のマークて万国共通なんですね。おおきなステンシルが彫ってある。乗り越し清算チェクの為かステンレスのボールペンまで装着されている。ここ最近フランスのワーク物の古着にはまっていたのだが、文化的には、昔の日本。岡倉天心 伊藤若沖に心うばわれる。 うれしいな。もっともっと知りたい。

 
- comments(0) trackbacks(0)
腑に落ちる。
直感という言葉が好きだ理屈ではない、もっと原子的な自分の中の感覚 経験により明確になる、または、にぶる。もって生まれた感性だと思う。頭で考える事ではなく、感じる事 どこで感じるか?
腑に落ちるという言い回しがある。腑は臓器の意味 他にも肝臓の肝の字で肝が据わる 肝に銘じる この話の肝はなど。もしくは腹が決まった 腹が立つ 腹にすえかねる 腹黒いなど内臓、腹がつく言い回しは多い、お客さまのnさんは、5年前までアメリカでダンスを教えていた方なので英語が堪能 英語で腑に落ちるて、なんていうのか聞いてみた 言い回しにgut(胃) intestines(腸)が付くらしいが、発音が良すぎてよくわからなかった。 先日 ポール・マッカートニーの東京ドーム公演の先行チケットが当たった。ライブ好きなお客様wさんに話したら、ドームの先行チケットは良い席がこないという基本ドームは野球の為の席なので年間シートを持っている株主様やおつき合いのある会社様の席をお借りして、その方々に利益がでるように、先に捌くので、かならずしも前の席とは、かぎらない、むしろ後ろの席の確率のほうがたかいみたい。なんてことを言うのだこの人はそんな資本家のからくりなんて・・・でもどうなんだ? 後日チケットが届いた。 なるほど 腑に落ちた。
- comments(0) trackbacks(0)
温泉に行こう!
今年に入って二度温泉に行った。正月は熱海へ今回は秩父の両神温泉へ。第二火、水を使って家族と行ってきました。ということで、建国記念日はお休みをいただきました。すいません。 いままで、たまに行く旅行は、良い宿に泊まる事を楽しみとしてきました、それは、良いおもてなし、良い空間、接客を学ぶためということもあったのですが・・・まー好きだから。ただ、そういうところは小学校一年には、合いません。子供が楽しめないのです。子供が楽しまないと大人もくつろげません。だから旅館の中ででゆっくり過ごすスタイルが変わります。どこかに行かないといけないんだ。
で、観て下さい。                                                                               
尾ノ内百景水柱   (吊り橋揺らせて一朗を怖がらせてたら、大人に怒られた。)
とくに、秩父は人の感じが良いのか高級旅館と違う人なつこい接客がいい感じです。これからは、こんなスタイルで・・・ただ古い旅館は夜中に配管の関係か、いろんな音がするのがいやだ。まさかって・怖くなるからこのへんで。
- comments(0) trackbacks(0)
マッサン観てる?
ウィスキーが好きだ。あの琥珀色と匂いがたまらない。くわしくなくても匂いと一口目で良い品かどうか?わかりやすいところが好きだ。(そう思ってるだけかもしれないが)マッサンはニッカウィスキーの創立者の竹鶴夫婦の話 嫁さんがスコットランド人のエリーさん。もちろんnhkなので商品名,会社名は架空だが、山崎蒸留所や余市市はそのままなので、素人でもわかりやすい。 むかしむかし、ウィスキーが、まだ、日本人の味覚に受け入れられていない時、うまいと思った日本人が数人、いち早くウィスキーに取り憑かれていく。スコッチをお手本につくる職人気性のマッサン まず日本人の味覚に合わせてから順をおってリリースしていくプロジュサー思考の鴨居の大将(サントリーの創立者がモデル)そしてスコットランドにウィスキーの勉強をしにきていたマッサンと恋に落ちて日本に着いてきたエリーさん 70年前の話らしい。・・・さて70年後今年のワールド・ウィスキー・バイブル2015は、サントリー山崎プレミアが大賞。審査員のイギリス人のおじさんがスコッチはジャパニーズウィスキーに学ぶべきといいはなった。
草葉の陰で、うれしかったろうな マッサン エリーさん 鴨居の大将 ということで、竹鶴を買いました。 今夜飲みます。
- comments(0) trackbacks(0)
パリは燃えているか?
1月11日フランスの新聞社テロ抗議デモに370万人超の人が集まったそうです。ニュースで観たらフランス革命みたいで、カッコよかった。空もすこーんと晴れてトリコロールの旗がまた似合う。フランスの首相は、テロとの戦いを宣言する。
なんだ それ。ホントにそれでいいのか? 誰も人の命を奪う権利は無い。これは、ぜったい ゆるぎない事。テロルには、ぜったい反対だ。しかし、あの新聞はイスラム教の神を侮辱することをやめない。それが、自由な言論なのか?なんでも明文化する議論好きなフランス人気性。 しかしキリスト教の侮辱とホロコースト称賛はフランスの法律で禁止されているらしい。キリスト教とユダヤ教は例外なのか。まぁどこの国もその国の国家宗教や事情があるのは、いたしかたないが なんかイスラム教がうかばれないな。対岸の火事ぽい日本人には今一つないのだが・・・
でも、やっぱりうさん臭いぞ。デモ参加の要人のなかにイスラエルの首相やシリアのアサドさんもいるぞ。自由な言論デモ?
- comments(0) trackbacks(0)
正月は、はっぴいえんど を聴きながら、ちょと考える。
「みんな妙におこりっぽいみたい」って歌詞がはっぴいえんどの曲にある。「花いちもんめ」て曲で名盤[風街]に入っている。この正月よく聴いた。それは、それとして、近頃怒っている人が多い気がする。いや間違いなく。スーパーや駅で本屋で僕が見かけた怒っている人は、おじいちゃんみたいな人(マスクをつけていたので、中高年だったかもしれない)ばかりだ。先日テレビをみていたら、怒る老人問題をやっていた、怒るメカニズムは認知症の一類なんだって へーぇじゃあしょうがないか。って 事でもない感じがする。大人の男が、おこっちゃいけないよな、「まぁ次は気をつけなさいよ」て声をかけるぐらいじゃなくっちゃね、俺はあーゆう年はとらないんだ。もともと短気じゃないしね。 て阿部に空いた時間にカットしてもらいながら、話しをしていたのが、30分前でした。 
12月26か27日届くと言われた美容器材が1月8日現在届いていないのでメーカーに電話する。受けた女の人の対応の悪さにことばを失う わたしが、受けた訳じゃないからわかりませんと僕の詰問を一掃! 会話の途中含み笑いをする(したようにきこえた)けしからん!「今あなた笑ったでしょう」 「いえ。笑ってません。」 「いや、今笑ったじゃないか」 「笑ってません」もうやり取りがコントだ。俺は怒らないって決めていたので勇気を出して本題に会話をもどして会話終了  疲れて落ち込む。          明日の朝走るか。   今年もよろしくお願いします。              
- comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/18 | >>